セーフィー紹介

店舗に有効な”防犯対策”とは? ~ 犯罪別の対策方法をご紹介!

クラウド録画カメラ「セーフィー」でWebマーケティングを担当しているヨッシーです。

以前に携帯ショップで働いていた経験から、店舗でどのような犯罪が発生し、どのような防犯対策をすればよいのかお伝えします。
また、なぜ防犯カメラが有効な防犯対策であるかも解説します。さらに、どのように設置・活用すればいいのか、弊社ならではのノウハウも紹介します。

1. 店舗への侵入手口と防犯対策

1-1. 店舗への侵入手口

何処から店舗へ侵入されるのか?

特に多い手口をご紹介します。
まず一つ目は、窓ガラスを割って侵入するパターンです。ガラスを割ると大きな音がしますが、夜の店舗には人が少ないため、侵入される確率が高いです。

続いて二つ目は、無施錠のドアから侵入で、犯人にとって最も簡単な侵入方法です。 また、「錠破り」、「合かぎ」といった別の方法で侵入されることもあります。

1-2. 店舗への侵入対策 ~ 侵入後の対策よりも、侵入の抑止が重要

まず、窓からの侵入対策としては、割られないように、アクリル製ガラスや飛散防止フィルムを張ると良いでしょう。ガラスが割れても、室内に手を伸ばせすことが出来なくなります。

また、ドアからの侵入対策としては、無施錠にならないように、従来の鍵ではなく、自動ロックがかかるカードキーに買い換えるのも有効策の一つです。錠破り、ピッキング、合いかぎ等の手段が使えなくなることもポイントです。

2. 万引きの防犯対策

続いて、店舗内の防犯対策について、何処を重点的に防犯対策するのか、万引き・内引きに分けてご紹介します。

店舗には商品が置いてある為、絶対に万引きされないという対策は難しく、基本的には万引きの抑止が主な対策になります。

2-1. 万引きへの対策方法

①商品の配置を変更する

犯人は万引きの瞬間を見つからないようにする心理が働くため、サイズが小さい商品を狙う傾向にあります。また、高額な小型の電化製品等も狙われます。そのため、小さな商品は店員・スタッフが目に付きやすい場所に配置すると良いでしょう。

また、単価が高い商品はガラスケースに入れ、倉庫や金庫に保管しましょう。 このように店員・スタッフが分かる位置に配置することで、犯行の抑止確率を上げることができます。

しかし、店員の勤務時間は限られています。また、服・食品等の、実際に手に取って確認してから購入したい商品等は、店舗のバックヤードに保管してしまうと、購買力を下げる恐れもあるため、全ての商品にできる対策ではありません。


②店員・スタッフの巡回を増やす

犯人は万引きをする際、人の目を気にしています。店員・スタッフの目から隠れた場所で、カバンに商品を入れてそのまま盗んだり、そこで手にとった商品をトイレに持ち込んで盗むのです。

そのため、商品棚の裏やトイレの近くを、巡回する回数を意識的に増やすと良いでしょう。犯人が万引きしようとしていても、目が届くように店員・スタッフが巡回すれば、犯行の抑止効果を上げることができます。


③防犯カメラを設置する
店員・商品の配置変更では、万全な対策とは言えません。たとえば、店員が常時見張ることができないからです。

しかし、それらのデメリットを解消できるのが、防犯カメラです。防犯カメラは24時間常時、監視することができ、人の目が届かない場所に設置することで死角をなくすことができます。このように、防犯カメラの設置は他の対策よりもメリットが大きいのです。

では、防犯カメラの抑止効果を上げるためには、どのようなことを考えるとよいでしょうか?そのポイントをご紹介します。

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り