セーフィー紹介

Wi-Fiで使える防犯カメラのメリット・デメリット。屋外利用の注意点も。

こんにちは(^^♪
セーフィーのお知らせ担当、宮本です。

防犯カメラをWi-Fiで使うにあたってのメリット・デメリットについてをご紹介します。

手軽に設置できるイメージがあるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?
ぜひ、ご覧ください。

目次

1.Wi-Fiで使える防犯カメラとは
2.Wi-Fiで使える防犯カメラのメリット・デメリット
3.屋外用Wi-Fi防犯カメラの注意点3つ
4.まとめ

1.Wi-Fiで使える防犯カメラとは

まず初めに、「Wi-Fiで使える防犯カメラ」についてご説明します。

Wi-Fiで使うことができる防犯カメラとは「Wi-Fiを利用して無線でインターネットに接続するカメラ」のことを指します。
ワイヤレスカメラとも呼ばれています。

Wi-Fi対応カメラは屋内用が一般的となっています。
もちろん屋外用も商品化されてはいるものの、種類がとても限られています。
(こちらの理由は後述します)

Wi-Fi対応カメラの対になる商品として「有線カメラ」があります。
電源とは別に、インターネットに接続するためのLANケーブルが必要となるため、有線カメラと呼ばれています。

LANケーブルの配線が不要なことが、Wi-Fiで使える防犯カメラの特徴です。
※カメラの電源を確保するための配線は必要です

2.Wi-Fiで使える防犯カメラのメリット・デメリット

Wi-Fiで防犯カメラを利用するにおいて、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。防犯カメラの導入をこれから検討する方も、既に導入済の方も、今一度おさらいしてみましょう。

メリット・デメリットは、ぞれぞれ3つずつあります。
まずは、メリットから見ていきましょう。

Wi-Fi対応防犯カメラのメリット

(1)配線不要のためどこでも設置できる

有線カメラを設置する場合、カメラとルーターの間にLANケーブルを配線する必要があります。

その問題を解決できるのがWi-Fi対応の防犯カメラです。

カメラの電源を確保するためのコンセントさえ近くにあれば、好きな場所にカメラを取り付けることができます。

(2)綺麗な仕上がりを実現できる

有線カメラを設置する場合は、お客様の視界に入らないよう、梁に這わせたり、天井裏を通してLANケーブルを配線します。

しかし、設置場所によっては配線を隠せるスペースが無い場合があります。その場合、LANケーブルがお客様の視界に入ってしまいます。

そんな時、Wi-Fi対応のカメラであれば、コンセントからカメラまで配線するだけでOKです。景観を保ったまま防犯カメラを設置できます。

(3)移動しやすい

例えば、店舗ビジネスの場合、「棚のレイアウト変更を行った」「新しい什器を設置した」などのタイミングで、撮影範囲内に死角が発生する可能性があります。

Wi-Fi対応カメラであれば、Wi-Fiの届く範囲内であれば自由に移動させることができるので、急なレイアウト変更にも対応できます。

実際にレイアウト変更に合わせてWi-Fi対応カメラを利用しているソフマップさんの事例がありますので、是非ご覧ください。

棚のレイアウト変更に合わせて移動が可能。
株式会社ソフマップ代表取締役社長による防犯活用インタビュー

Wi-Fi対応防犯カメラのデメリット

(1)有線と比較すると回線状況が不安定になる

Wi-Fiは無線通信のため、環境によってカメラとの通信が不安定になることがあります。

通信が不安定になっている間は、録画が途切れてしまいます。Wi-Fiで防犯カメラを利用する場合の、一番の懸念材料となります。

(2)ルーターから近い場所にしか設置できない

ルーターとの距離が5メートル以上離れている場合や、5メートル以内でもドアなどの障害物がある場合、Wi-Fiの接続が不安定となる可能性があります。

ルーターから5メートル以内で、障害物のない場所にカメラを設置するようにしましょう。

(3)ポケットWi-Fiの回線では安定して利用ができない

ポケットWi-Fiは利用できる通信量が定まっているものが多く、仮に利用した場合、数日で規定の通信量を超えてしまいます。

そのため、ポケットWi-Fiの利用は推奨できません。

「通信量使い放題プラン」も存在しますが、基本的には下り回線のことを指しており、防犯カメラが利用する上り回線には当てはまりません。

一般的なWi-Fi接続の防犯カメラは、光回線が推奨されています。

Wi-Fi対応カメラの利用を検討している場合は、この機会に光回線を導入しましょう。

3.屋外用Wi-Fi防犯カメラの注意点3つ

屋外用のWi-Fi対応防犯カメラは、種類が限られていると前述しましたが、ここでその理由を解説します。

屋外用のWi-Fi対応防犯カメラの設置を検討されている場合、ぜひ一度目を通してください。

(1)配線が必要

Wi-Fi対応とはいうものの、電源供給のために配線が必要になります。
近くにコンセントが無い場合は、壁を貫通させて配線する必要があります。

(2)電波が不安定となり、録画が止まってしまう可能性が高い

Wi-Fiで防犯カメラを利用する場合、カメラとルーターが5メートル以内、かつ、間に障害物が無い状態が望ましいのですが、ルーターを室内に設置している場合、壁が間にあるため、録画状況が不安定になる可能性があります。

また、大雨や強風など天候でも電波が不安定になる可能性があります。

(3)Wi-Fi妨害装置がある

Wi-Fiを妨害する装置が一般的に販売されています。例え防犯カメラを設置していても、悪意を持った第三者が妨害装置を利用した場合、録画が止まってしまい、防犯機能を果たせなくなってしまいます。

いざという時に録画が出来ていないのは本末転倒です。

また、屋外に対応したルーターも販売されてはいますが、高価なものが多いため、トータルコストは有線タイプと変わりません。

そのため、屋外に防犯カメラを設置する際は、有線カメラを推奨します。

4.まとめ

Wi-Fi対応の防犯カメラは、電源とWi-Fiを用意すれば、配線を気にせずに好きな場所に設置することができる便利なカメラです。

ただし、設置する環境によっては、Wi-Fiが不安定になることがあります。

また、屋外でWi-Fi対応カメラを利用するには、環境を整えることが難しく、録画が止まってしまう可能性が高いです。

Wi-Fi対応カメラを導入する前に、設置環境は十分に調査することをおすすめします。

Wi-Fiの環境構築が難しい場合は、有線カメラの設置を検討しましょう。

セーフィーでは、屋内で簡単に設置できるWi-Fi対応カメラを販売しています。
空間を邪魔しないデザインとなっております。
Wi-Fi対応の防犯カメラをお探しでしたら、ぜひご覧ください。

簡単設置のWi-Fi対応カメラ CC-2のご紹介

簡単設置のWi-Fi対応カメラ CC-2のご紹介

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り