セーフィー紹介

スマホで見える防犯カメラ「セーフィー」

いつでもどこでもスマホで見えるセーフィーのクラウド防犯カメラ。どんな風にスマホで見えるのか、どんな機能があるのか詳しくお伝えします!

スマホで防犯カメラの映像を見るには?

スマホで防犯カメラの映像を見るためには、インターネット回線を利用するセーフィーのような「クラウド防犯カメラ」がおすすめです。

従来の一般的な防犯カメラは、映像を保存するHDD(ハードディスクレコーダー)と、映像を見るためのモニターを配線でつないで設置します。そのため、通常カメラの映像はそのモニターでしか見ることはできません。

クラウド防犯カメラなら、映像はネットを通じてクラウドに保存されるため、スマホでいつでもどこでも映像を見ることができます。

※インターネット契約や、Wi-Fi環境でネットにつながるスマホをご用意ください。

memo/ セーフィーのクラウド防犯カメラサービスでは、録画を振り返ったり、録画のダウンロードも簡単な専用アプリを使って遠隔監視ができます!

スマホで見える防犯カメラにはどんな利便性がある?

クラウド防犯カメラには、以下のようなメリットがあります。

複数の店舗や現場の「今」を一括チェックできます。

現場にわざわざ出向く手間なく、スマホで全ての現場を一括チェックできます。外出中でも、スマホで各地の店舗状況を確認できるのは安心ですよね。

クラウドカメラなら、HDDやモニタールームは不要です。

クラウドに映像を保存。閲覧もスマホでできるので、建物内に監視ルームやHDD(ハードディスク・録画機)、専用モニターを設置する必要がありません。

テレビ並みに映像が鮮明で綺麗です。

テレビレベル画質(最大30fps・HD動画)で見えます。とても鮮明で綺麗です。

実際にスマホのアプリでどう見えるの?

スマホのアプリでの見え方と、便利な機能をご紹介します。

一括で見える「カメラ一覧画面」と多機能な「再生画面」

アプリでは2つの画面を行き来して防犯カメラの映像を見ます。

カメラ一覧画面

すべてのカメラを一覧で表示する画面です。複数の現場のカメラも一括確認できます。

memo/カメラ一覧画面は、30秒に1回静止画を更新するアイコン表示・カメラ名のみを表示するリスト表示・カメラの分割数を選んで、リアルタイムに表示するマルチビューアー表示が選べます。

再生画面

カメラを選んでタップすると、再生画面に移動します。ライブや録画映像を見たり、映像のダウンロードができます。

タイムライン

セーフィーは、カメラを購入する際に録画期間をお選びいただきます。例えば30日間のクラウド録画期間を選ぶと、今日から遡って30日前までの映像をスマホでいつでも振り返ることができます。

イベント

大きな音や動きを検知したタイミングを自動で残す機能です。イベントを基準にチェックすれば、全ての映像を確認する手間が省けます。

memo/検知できるイベントはカメラの機種によって異なります。オンラインストアで購入できる「CC-2」はご紹介した大きな音の検知・動きの検知どちらも標準機能として備わっています。

カメラ設定

様々な機能のON/OFFや、詳細設定も遠隔地からスマホで操作できます。現地に出向かなくても設定できます。

カメラのシェア

例えば、オーナーさんが店長さんにカメラをシェアすると、店長さんも自分のスマホでカメラの映像を見ることができます。

もし、店長が異動した場合も、スマホからシェアの解除ができます。必要な期間、限られた人だけにカメラ映像を共有できます。

memo/シェアされる方も、Safieのアプリをスマホにダウンロード・アカウントを作っていただく必要があります。

実際のお客様の活用方法をご紹介します!

広い店舗内を一括で管理されている飲食店・ホステル経営のお客様の場合

カフェとホステルを運営するUNPLANは、建物内に5台のカメラを設置。1FカウンターのiPadでフロントスタッフが全ての階を把握できるようにしています。

お金の出入りがある、カウンター・レジ、お客様の荷物を預かっているクローク、そして2Fの宿泊スペースなどの防犯が主な目的です。

スマホで見えるクラウド防犯カメラの活用により、人件費を抑えながらも、お客様が安心して過ごせる環境づくりができたと話してくれました。

複数の現場を管理する建設会社のお客様の場合

こちらは複数の建設現場に設置。各現場をスマホでチェックしている現場監督さんの活用事例です。

小林さんは施行中の各現場にセーフィーのカメラを設置。朝起きたらスマホで現場の進行状況や資材が予定通り到着したかをチェックします。

自宅や会社では録画映像をダウンロードし、お客様に提出するレポートづくりなどに活用しています。

スマホでセーフィーの防犯カメラを見る際の注意点

設置場所には光インターネット環境が必要です。

カメラの設置には光回線のインターネット環境が必要です。設置場所のWi-Fiもしくは有線LANネットワークにカメラをつないでクラウドに映像を送信します。

その際カメラ1台あたり上り回線(500kbps〜1Mbps)常時接続が必要です。

クラウド防犯カメラだけど、セキュリティは大丈夫なの?

セーフィーは、お客様の映像を保存するクラウドを暗号化。オンラインバンクサービスと同等レベルのセキュリティを担保しています。

また映像自体を暗号化しているため、万が一映像データが第三者の手に渡ってしまった場合でも、映像を再生することができない仕様になっています。

スマホでうまく見えない…。セーフィーなら専任サポートチームがいるので安心です。

ご利用中のトラブルやご不明点がありましたら専任のサポートチームがメールでお答えしますのでご安心ください!

オンラインストアで購入すると、30日以内なら返品OKの安心特典付き!

ネットで今すぐ購入ができます。

オンラインストアはこちら

さらに、オンライストアのご購入特典としてお使いになってご満足や安心を感じなければ、30日以内なら返品いただけます。

なお、オンラインストアのクラウド防犯カメラは屋内用(防水機能がございません)のみのご紹介となります。

屋外対応や首振り機能対応のカメラをご検討中のお客様は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。設置場所や目的に合わせて最適な機種をご紹介させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

防犯カメラの導入や、カメラの活用イメージなど、お気軽にご相談ください!

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り