セーフィー紹介

防犯カメラを遠隔で活用する方法とは?

防犯カメラの遠隔監視が普及してきています。最初はパソコンを使った遠隔監視しかありませんでしたが、現在ではモバイルを使って遠隔監視が出来るようになりました。

この記事では防犯カメラを遠隔で監視する方法やその利用シーンなどをご紹介いたします

1.防犯カメラ、遠隔で出来ることは?
2.遠隔監視と、その活用シーンは?
3.遠隔で使える便利な機能
4.活用事例のご紹介
5.まとめ

1.防犯カメラ、遠隔で出来ることは?

従来、「防犯カメラで録画した映像を確認したい」「防犯カメラの設定を変更したい」というケースでは、映像を録画しているレコーダーや、防犯カメラが設置してある場所へ行く必要がありました。

しかし現在では、様々な操作を遠隔で実施することが可能です。

本記事では、遠隔で出来ることとして以下の2点について記載をしていきます。

・ 遠隔から防犯カメラで監視する
・防犯カメラを遠隔で操作する

2.遠隔監視と、その活用シーンは?

防犯カメラで遠隔監視をする場合、大きく以下の2パターンがあります。

【クラウド型の特徴】

  • ネットワークカメラで録画した映像を、クラウドへ保存
  • クラウドへ保存した映像は、PCブラウザや専用アプリから確認(モニターへの投映も可能)
  • 新たに用意する機器はネットワークカメラのみ(PoEハブがない場合は購入が必要なケースもある)
  • 保守・交換が必要なものはカメラのみ (機器交換のリスクが低い)

【 クラウド型以外(レコーダー保存の場合) の特徴】

  • ネットワークカメラ(またはアナログカメラ)で録画した映像をレコーダーへ保存
  • レコーダーへ保存した映像をモニターへ投映
  • インターネットを通じて、レコーダーに保存した映像をPCやスマホから確認することも可能
  • カメラとレコーダーの準備が必要
  • レコーダーは定期的に保守・交換が必要

クラウド型のほうが、様々な方法で遠隔監視することができるため、これから防犯カメラを導入する場合はクラウド型がおすすめです

3.遠隔で使える便利な機能

遠隔で使える様々な機能が用意されています。代表的な機能を以下に紹介します。

■PTZ(パン・チルト・ズーム)機能

PTZ(パン・チルト・ズーム)とは
カメラのレンズの向きを上下左右に動かす機能です。
PTZ機能搭載のカメラであれば、遠隔地からアプリでレンズの向きを動かすことができます。

・パン・・・レンズの向きを左右に動かせます
・チルト・・・レンズの向きを上下に動かせます
・ズーム・・・拡大(ズームイン)
・縮小(ズームアウト)できます。

■通知機能

モーション検知・音声検知機能とは
映像内に変化があった際や、音、ネットワーク切断を検知をする機能です。

検知したタイミングだけスキップして映像を確認したり、メールやアプリのプッシュ通知を設定することが可能です。

※マイクがついていないカメラは、音声検知機能はご利用できません。

■トークバック機能

トークバック機能とは、アプリから音声を出力することができる機能です。
※スピーカー機能付きカメラのみ対応

■ムービークリップ機能

ムービークリップ機能とは、録画した映像から残しておきたい時間を指定して映像を切り取り、クラウド上のストレージに残しておく機能です。


作成したデータはクラウド上に残しておくことも可能ですし、ダウンロードしてローカルに保存することも可能です。


クラウド型の防犯カメラは、インターネットに接続しているため、新しい機能が自動的に増えていきます。

4.活用事例のご紹介

ここまで遠隔監視の方法を紹介してきました。ここからは遠隔監視によってどのように課題を解決したのかを実例を挙げて紹介します。

■多拠点と連携をとりたい

セーフィー導入で・・・
・緊急時(地震や台風などの災害時)に、遠くにある支店や工場の様子を把握できるように
・普段顔の見えない支店と気軽にコミュニケーションを取れるようになり、連携した施策を打てるようになった
◆ビズプラットフォーム様:https://safie.link/casestudy/bizplatform/

■複数拠点(店舗)を一括で管理したい

セーフィー導入で・・・
・全国にある店舗の防犯カメラ映像を一括で管理できるように
・管理者を減らし、人件費削減につながった
◆NTT都市開発様:https://safie.link/casestudy/lifork/  
◆ウルトラチョップ様:https://safie.link/casestudy/ultrachop/

■外出時にも事務所や店舗の様子を確認したい

セーフィー導入で・・・
・ピーク時の接客対応を他店舗と同時に確認できるように
・効率的なオペレーションチェックが可能になり、QSCA向上に成功した
◆レッドロブスター様:https://safie.link/casestudy/redlobster/

上記の通り、単なる防犯目的だけではなく、遠隔監視を活用して様々なビジネス課題を解決する方法として、クラウド型防犯カメラの活用が進んでいます。

 5.まとめ

ここまで紹介した通り、防犯カメラは遠隔で出来ることが沢山あります。 以下に本記事の要点をまとめます。

  • 防犯カメラの映像は、PC、スマホ・タブレットなどから遠隔でリアルタイムに確認できる
  • 遠隔からでも監視できる強みを活かし、単なる防犯目的ではなく、オペレーションの改善や効率化などビジネス課題の解決に防犯カメラを活用できる
  • ダウンロードやカメラ操作など遠隔で活用できる機能が沢山ある
  • クラウド型は導入ハードルも低く、今後も遠隔で使える新しい機能が増えていく

あらためまして、弊社セーフィー(Safie)は、防犯カメラのクラウド型サービスを提供している企業で、クラウドカメラにおいてはシェアNo.1です。
防犯カメラの活用をご検討されている企業様は、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら


 

 

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り