セーフィー紹介

屋内用の防犯カメラ選びのポイント!おすすめの防犯カメラもご紹介します

屋内用の防犯カメラ選びのポイント!おすすめの防犯カメラもご紹介します

屋内用の防犯カメラは、大きく分けて「防犯」と「見守り」の目的があります。

その目的によってどのようなカメラを選択するかが変わってくるため、目的に合わせたカメラ選びが大切です。

今回は、屋内用防犯カメラで重視すべきポイントについて解説すると同時に、おすすめの屋内用防犯カメラをご紹介いたします。

目次

1.屋内用防犯カメラ選びで重視すべきポイントとは
 1-1.防犯目的で利用する場合
 1-2.見守り目的で利用する場合
2.屋内用の防犯カメラと屋外用の防犯カメラの違い
3.おすすめの屋内用防犯カメラ3選
4.まとめ

1.屋内用防犯カメラ選びで重視すべきポイントとは

まずは屋内用の防犯カメラの選び方について、「防犯」と「見守り」の2つの目的別に解説いたします。

1-1.防犯目的で利用する場合

防犯目的で屋内用の防犯カメラを利用される場合、さらに細かく2つの目的に分かれます。

(1)店舗や共有エリア等での防犯
(2)空き巣や店舗の侵入窃盗、事務所荒らし等の犯行現場の記録

(1)の、「店舗や共有エリア等での防犯」の場合、屋外用と同様に「防犯カメラがある」というアピールの要素も大切です。
ただ、お客様や住民の方に萎縮されてしまう原因になりますので、内観や雰囲気と調和するデザイン・形状を選んだ方が良いでしょう。

たとえばドーム型のカメラは比較的目立たないデザインであると同時に、レンズの向きがわかりにくいためカメラを向けられているという意識を与えずに済みます。
一方、バレット型のようなデザインは相手に緊張感を与えてしまうため、利用する場面が限られるでしょう。

(2)の、「空き巣や店舗の侵入窃盗、事務所荒らし等の犯行現場の記録」の場合、大切なのは犯人に気付かれないように撮影することです。
空き巣等の犯罪は未然に防ぐことが一番ですので、防犯対策としては侵入されそうな場所への防犯カメラの設置が最もおすすめですが、それでも100%侵入を防げるという保証はありません。

また、残念なことではありますが、関係者による事件も発生する可能性があります。
いざ侵入された場合に備えて金庫やレジの周り等に防犯カメラを設置しておけば、その記録が犯罪の証拠になりうるのです。

犯人に気付かれた場合、壊されたり映らないようにされてしまう恐れがありますので、隠しやすい小型のカメラを設置すると良いでしょう。

1-2.見守り目的で利用する場合

見守り目的の場合、防犯目的のように目立つ場所に設置したり、逆に見つからない場所に設置したりする必要はありません。
そのため好みのデザイン・形状を選ぶことができ、防犯カメラ選びの幅が広がります。

また、見守り目的で防犯カメラを利用する場合にぜひ重視してほしいポイントが、「遠隔地で映像が確認できるかどうか」です。
パソコンやスマートフォン、タブレット等で映像が確認できる防犯カメラは、遠方にお住まいの高齢者の方や、共働きのご家庭におけるお子さんの見守りの強い味方となってくれます。

ネットワークにつなぐことができるタイプの防犯カメラを選ぶと良いですね。

なお、見守り目的で設置工事が必要な監視システムの導入はあまり現実的ではありませんので、ご自身で設置できるタイプの防犯カメラを選ぶことをおすすめします。

ご自身で設置できるタイプの防犯カメラの場合、気をつけたいのが保存形式です。
レコーダーとハードディスクを利用した保存ではなく、SDカード保存かクラウド保存が主流なので、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

SDカード保存の防犯カメラは比較的安価ですが、常時録画をしているとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。
人感センサーや動体検知機能など、何かが通った瞬間だけ記録する機能を利用すると良いですね。

クラウド保存の防犯カメラは、映像をある一定の期間保存しておける場合が多いです。
ただクラウド使用料がかかるため、SDカード保存に比べるとランニングコストはかかります。
それでも、比較的長期間のあいだ、映像を後から確認できるというのは大きなメリットです。

2.屋内用の防犯カメラと屋外用の防犯カメラの違い

ところで、屋内用の防犯カメラと屋外用の防犯カメラにはどういった違いがあるのでしょうか。

最も大きな違いは、「防水・防塵機能がついているかどうか」です。
防犯カメラは精密機械。雨風にさらされれば、一般的なカメラは壊れてしまいます。
そのため、屋外用防犯カメラには防水・防塵機能が必須なのです。

屋内用の防犯カメラはよっぽど特殊な環境下に設置しないかぎり、防水・防塵機能は必要ありません。
では屋外用の防犯カメラを屋内用として利用できるのでしょうか?

結論から言うと、機能的には問題はありません。

ただ、屋外用の防犯カメラは、犯罪の瞬間の記録のほかに、防犯カメラによる犯罪の抑止という役割も持っています。

その結果、威圧感があるデザイン・形状のものが多いため、雰囲気を重視する店舗や、ご家庭などでは利用しづらいかもしれません。
何かしらの理由がないかぎり、屋外用を利用する必要はないでしょう。

ただし、湿気の多いレストランの厨房や、砂や埃が入り込む可能性のある地下駐車場などに設置する場合は、屋内であっても防水、防塵機能がある屋外用カメラの設置が望ましいケースもあります。

3.おすすめの屋内用防犯カメラ3選

クラウド録画タイプのセーフィーでご提案できるカメラの中から、おすすめの機種をご紹介します。

(1)ELMO QBiC CLOUD CC-2

セーフィーで一番人気の機種です。
無線(Wi-Fi)を利用してインターネットに接続し、映像をクラウドに保存します。
ドライバーとネジがあれば簡単に設置することが可能なうえ、19,800円と安価なのも人気のポイント。
同様のデザイン・機能・性能を持ちながら無線(Wi-Fi)・有線(LANケーブル)2つの接続方法に対応している機種「ELMO QBiC CLOUD CC-2L」もご用意しています。

(2)AXIS M3045-V

こちらは室内に溶け込むデザインのドーム型カメラ。
暗所でも明暗を識別し、映像を見やすく補正してくれる機能を持っています。
また、本体のデザインは白なのですが、別売りで黒いカバーをご用意しています。
こちらのカバーをかぶせれば、シックな雰囲気の店舗等、防犯カメラを目立たせたくない場所でさらに利用しやすくなりますよ。

(3)AXIS M1065-L

「AXIS M1065-L」は人感センサーのついた小型カメラです。
人感センサーは温感を持つものに反応しますので、人や動物が通った場合に反応して通知してくれます。
店舗の裏口などの人通りが少ない場所でよく利用されているほか、少人数での店舗オペレーションにもご利用いただいています。
暗所での撮影もできますので、閉店後の監視用等にもおすすめです。

こちらの3機種は、以下の記事でさらに詳しくご紹介しております。
導入の事例も掲載しておりますので、参考にしていただけますと幸いです。

https://safie.link/blog/1345/

室内・屋内用おすすめ防犯カメラ3選!小型・ワイヤレス機種も紹介

4.まとめ

屋内用の防犯カメラ選びのポイントについて解説いたしましたが、いかがでしたか?
どのようなカメラが良いか、少しでもイメージしていただけていましたら幸いです。

また、今回ご紹介した3つの機種の他にも、セーフィーからは様々な防犯カメラのご提案が可能です。
防犯カメラの導入をご検討の際は、ぜひご相談ください。

セーフィー 問い合わせ

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り