セーフィー紹介

「コロナ空き巣」って知ってる? 休業中の店舗を狙った犯罪にご用心!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、店舗の休業や営業時間短縮、またリモートワークを推進しオフィスをクローズしている企業様が多い昨今。

働き方が劇的に変化するなか、防犯面でのリスクのあり方もまた変化しています。

「コロナ空き巣」って?

不要不急の外出が自粛され、街は人がまばら…。通常であれば監視の目にもなっていた通行人の視線が少なくなれば、増えてしまうのは空き巣被害。

全国各地で、休業中の店舗やオフィスを狙った空き巣が急増しています。

【参考記事】

👉 営業自粛が標的に…休業店舗で空き巣被害が急増

(テレ朝news|2020.4.21)

たとえば、店先に貼られた休業中を知らせる張り紙は、従業員が不在であることの目印。

本来の営業稼働ができず、ただでさえ不安な日々を過ごすなか、あらたな不安を募らせている方も増えています。

店舗だけじゃない、空き巣被害のリスク

コロナ休業中の店舗だけでなく、オフィスにも空き巣被害のリスクがあります。スタッフの安全を考慮し、リモートワークを徹底するオフィスであるほど防犯上のリスクが高まってしまっていると言えるでしょう。

また、工事現場、建設現場においては、施工の一時中止期間中の窃盗被害に対して未然の対策が急務となっています。

【参考記事】

👉鹿島や大林組などが全国で工事中止へ 緊急事態拡大受け

(朝日新聞|2020.4.17)

👉新型コロナ感染拡大で治安悪化懸念 警視庁、大量応援投入

(産経新聞|2020.4.10)

新型コロナウイルスの感染拡大により変化を求められている皆様の生活/仕事環境。それは以前の日常よりもなお一層強く防犯意識を持つことが求められてしまう日々とも言えるでしょう。

日々を安心して過ごすための防犯カメラ、という考え方

そんな不安な日々に、クラウド防犯カメラが役に立ちます

セーフィーのクラウドカメラなら、現地にいなくてもスマホやパソコンでいつでも簡単に、休業中の店舗やオフィスの様子を目と耳で確認することができます。

そしてなにより、いつでも確認できるという事実が、日々の皆様の不安な気持ちを多少でも軽減してくれることを我々は期待しています。

防犯カメラが役に立つのは、犯罪が起こってしまったあとだけではありません。

経営者様やスタッフ様の心のケアの一環として、簡単スピーディーに設置可能なセーフィーのクラウドカメラの導入をご検討してみてはいかがでしょうか?

👉簡単便利!セーフィーのクラウドカメラの機能紹介

<資料のダウンロードはこちら>

👉これだけ読めばOK!セーフィーのカンタンご紹介資料

お問い合わせは1~3営業日内にご返信させていただきます。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り