セーフィー紹介

Safie Pocket2リリース! 実際に触ったユーザーの声と“セーフィーに期待すること”とは?

2020.07.28

リモートワークが難しいとされてきた「現場」の働き方を変える、ウェアラブルカメラ『Safie Pocket2(セーフィー ポケット ツー)』の発表会を7月1日に実施しました。

発表会の中では現場で従来機を活用中の3社に、Safie Pocket2を触っていただきました。

今回は、「実際にSafie Pocket2を触った感想」と、「今後セーフィーに期待すること」についてのコメントをご紹介します。

株式会社大林組
土木本部本部長室 i-Conセンター 現場支援第一課
高橋 寛 様

「Pocket1(従来機)では映像と音声のリアルタイムでのズレが悩みの種だった。新製品新製品Pocket2ではそのズレがだいぶなくなりリアルタイムに近づいてビックリしました。
これならより現場で使用できる。
我々の声をもっと取り入れていただき、やれることをもっと叶えていただきたい。」

鹿島建設株式会社
土木管理本部 生産性推進部
渕先 弘一様

「Pocket1ではカメラ本体、Wi-Fiのルーター、バッテリーが分かれていて『どうにかならないのかな』と思っていた。
今回、
Pocket2で改善され、開発のスピードが非常に早く感心している。

この先、Pocket2の位置情報を地図上で確認できるようになれば、例えば、我々は現場全てにモニターを置いているので、作業員の位置情報が把握できるようになると非常に便利に思う。緊急事態対応も非常に素早くなると期待している。」

大成建設株式会社
社長室 情報企画部 デジタル推進室
中尾 勇貴様

「ウェアラブルカメラに期待しているのは、簡単な操作性、耐水・防塵、耐衝撃。
 Pocket2は操作性がものすごく簡単で電源を入れるだけ。
耐水・防塵はIP67。ふつうに現場で使って何も問題なし。Pocket2は良いものだと思っています。」

Safie Pocket2とは?

簡単に装着でき、ライブで会話ができ、ポータブルにどこでも置いて業務を振り返ることができる、LTEのSIMカードとバッテリーが内蔵されたオールインワンのウェアラブルカメラです。

あらゆる業態の、あらゆる人が待ち望んでいる、あらゆる現場を持った人たちを革新していくツールになると確信し、我々は世の中に送り出しました。

非常に簡単な仕組みで生産性が上がるソリューションをレンタルプランでご提供しています。

セーフィーは、常にお客様・ユーザー視点を忘れず、「映像から未来をつくる」という信念のもと、これからも目の前の課題解決から、よりよい未来を共に目指すことをお約束します。

発表会レポートの記事はこちら

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り