導入について

防犯カメラの設置工事費用ってなんであんなに高いの?

防犯カメラの工事費用ってなんであんなに高いの?

防犯カメラの工事費ってすごく高いイメージがありませんか?
ほとんどの場合、防犯カメラの工事費は、配線費用とカメラの取り付け作業です。ネットワークカメラの場合はネットワークシステム担当者の作業などが発生するため、更に高額になることが多々あります。
今回は、一般的な防犯カメラの工事費用の内訳と、セーフィーのクラウド防犯カメラを設置する際にどれだけ工事費用がかかるかについてお伝えしていきます。

目次

  • 1. 防犯カメラ設置でかかる工事費用の内訳とは
  • 2. なんでそんなに高くなるの?
  • 3. セーフィー設置の工事費が抑えられる理由

1. 防犯カメラ設置でかかる工事費用の内訳とは

こんにちわ!年間100件以上の工事手配と工事現場を見る営業担当のすずりゅうです。
早速ですが、工事費用の内訳は①作業費・人件費、②材料費、③出張費、④特別工事費の構成になっていることがほとんどです。
以下でその内容をご説明します。

①作業費・人件費

カメラの台数や作業時間により変動しますので、1万円から数十万円程度になります。

②材料費

細かいネジなどから耐久性LANケーブルの準備、配管の敷設など現場に合った材料を準備しますので、こちらも設置場所により変動します。

③出張費

一部の遠方地域を除いて2万円前後です。

④特別工事費

高所作業(2名以上の作業が義務付けられています)や壁を貫通する工事、電源の新設工事などを、現地調査を実施し、個別にお見積りした上で設置工事を実施します。
上記から、セーフィーのカメラだと、1台設置する工事費は合計で約4万円程度、同拠点で2台目以降のカメラを設置する時は追加で1台につき2万円程度の工事費になります。

2. なんでそんなに高くなるの?

セーフィー以外の工事で高額となっているケースとして多いのは、「初期の設定手数料が高額」「カメラの画角調節費用が別途発生」「カメラ本体の価格と工事費が合算され、カメラ本体が数十万円、工事も数十万円となっているケース」などがあります。

ネットワークカメラの場合だと、「ネットワークの設計」や「セキュリティ対策」、「サーバー準備費用」などで数百万円がかかるケースが多く見受けられます。

3. セーフィー設置の工事費が抑えられる理由

セーフィーならカメラの価格とクラウド費用が一律で、あとは当日の工事作業費用のみです。
「ネットワーク設計」や「サーバーの準備」はクラウドサービスを使うことで既に整っています。
+@(プラスアルファ)の料金がかからず設置工事費も安価な料金で、且つネットワークセキュリティもオンラインバンク同等のレベル。

お客様や代理店様は料金やセキュリティ面で心配することなくご利用頂けます
更に!
アナログカメラやネットワークカメラは、レコーダーなどの仕様から4台パッケージになっていたり、1台だけ増やしたいのに容量の大きなレコーダーを無駄に買わなければいけない場合もあります。
しかしセーフィーのクラウドカメラなら1台からの購入&設置が可能です。

カメラ導入に迷っていたり、既設のカメラの不具合があれば、安価で1台からはじめられるクラウドカメラのセーフィーを是非体感してみてください!!

なお、ご参考までにセーフィーのクラウドカメラの料金プランを、こちらのページで紹介していますので、参照ください。

設置工事費が安価なセーフィークラウドカメラの料金プランを見る

また、料金も含めて、セーフィーのクラウドカメラに関して、わかりやすくまとめた資料を、以下のフォームからダウンロードいただけます。

これだけ読めばOK!セーフィー カンタンご紹介資料

資料内で、カメラで録画した映像を視聴できるデモ画面もご紹介しています。是非、セーフィーのクラウドカメラを体感してみてください。

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り