導入について

クラウドだから自由自在!防犯カメラ1台ごとに映像の保存期間を選べます。


防犯カメラ・監視カメラのクラウドサービス「セーフィー」とは、どんな仕組みなのか。
クラウド録画型の防犯カメラだと、どんなメリットがあるのか。今回は営業目線で「クラウド録画型の防犯カメラのメリット」をご紹介します!

映像を保管しておくハードディスクがいらないので、

・ハードディスク(以下HDD)が壊れる心配なし!メンテナンス不要
・HDDの置く場所を考える必要なし!スペース不要
・空き巣に入られた際に、HDDを壊されない盗まれない!証拠隠滅不可能

というようなメリットが一般的ですが、個人的に推したいメリットを今回はご紹介します。
目次

  • 1. 一般的な防犯カメラの問題点
  • 2. 必要なところを必要なだけ
  • 3. 例えば、飲食・小売店舗での使い分け
  • 4. まとめ

1. 一般的なアナログの防犯カメラの問題点とは?

こんにちは。営業・マーケ担当の小室です。一般的な防犯カメラは、録画した映像をハードディスクに録画する仕組みになっています。その為、複雑な管理や設定が苦手です

・カメラは4台セット。4台単位でしかカメラを増やせない
→店舗に5台つけたい場合、4台で我慢するか、8台にするかの選択を迫られる

・カメラの映像の保存期間は、4台全て同じ設定しかできない
→長く映像を保存しておきたい場所と、短くていい場所があるのに、

どちらかに合わせて設定しないといけない
という具合に、実は利用者側にとって不便な点がちらほらあるんです。

そんな不都合を解消するのがセーフィーです。

2. クラウド保存のセーフィーなら、必要なところを必要なだけ

セーフィーは、カメラで撮った映像を全てクラウドに録画・保存・管理しています。そのため、
・カメラ1台から気軽に使える。1台ずつ増やせる
・カメラ1台ごとに、映像の保存期間を選択でき
というメリットが生まれます。

これが冒頭で触れた「防犯カメラをクラウド化する」にあたっての個人的に推したいメリットです。

3. セーフィーなら、同じ店舗内でも、カメラ映像の録画・保存期間を個別に設定できます。

セーフィーなら、設置場所によって、カメラ映像の録画・保存期間を個別に設定し、無駄な月額利用料をかけることなく運用ができます。

店舗のフロア全景(ホール)を映しているカメラは、アルバイトのオペレーションチェックや、店内の混雑状況を確認するため、7日間分の映像をクラウド上に保存しておく「7日間録画プラン」を。

レジ周りを映しているカメラは、月末のレジ締め時に、帳簿情報と映像情報を合わせてチェックできるように「30日間録画プラン」を。

バックオフィスや倉庫を映しているカメラは、何かあった時のために長期で振り返られる「90日間録画プラン」を。

といったように、同じ店舗内でも、シーンやニーズによって、カメラごとに映像の保存期間を選択できる仕組みは、クラウド保存ならではのメリットとして、ご好評頂いております。

4. まとめ

今回は、「クラウドならではのメリットってなに?」を、「カメラ1台毎に、必要なところを必要なだけ映像を保存しておく」のが可能だということをご紹介しました。

セーフィーなら、設置工事いらずで、1台から簡単に導入できます。
「もう少し詳しく話を聞いてみたい」
「ちょっと興味がある」
と少しでも思って頂いたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

セーフィー 問い合わせ

経験豊富なセーフィーの専任カスタマーサポートがご連絡をお待ちしております!

「知り合いのあの人なら興味を持ちそうだな」と知人・友人の顔が浮かんだ方は、blog記事の先頭にあるシェアボタンからぜひシェアをよろしくお願い致します!

Related Posts

Tags

個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

WEBで購入する

店舗・オフィスなどへの導入を
検討の方はこちら

お問い合わせ・お見積り