広報より

POSレジ連携できるクラウド録画サービススタート

2018.07.23

レジ不正、顧客トラブルを映像で自動管理
飲食・リテール業界の人材不足や働き方改善に効果


クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)は、SafieWebAPI機能をレジ提供会社向けに提供することで、POSレジジャーナルデータ連携できるクラウド録画オプションサービス「Safie POSジャーナル」をスタートしました。

SafieWebAPI機能を活用したPOSレジ連携の第一弾として、飲食チェーン向け経営支援・業務管理機能のクラウド型サービス「まかせてネット EX」を運営する株式会社ジャストプランニング(東京都大田区:代表取締役社長 鈴木崇宏)が提供するPOSレジシステムと連携し、牛角など数十ブランドを運営する株式会社アスラポート・ダイニングのレストランであるぢどり亭より導入開始しました。

POSレジ×クラウド録画カメラ活用ソリューション

飲食・リテール業界を対象にした自社調査(※)によると、レジ上にカメラを設置している店舗が全体の93%以上と高い割合を占めていることが分かり、その理由として、外部侵入者からの犯罪防止や抑止だけでなく、内部による犯行を防止することにも効果を求めていることが判明しました。

そこで、映像を防犯や監視のために録画するだけではなく、店舗運営の効率化に役に立てることはできないかと考え、レジの開閉など特定のジャーナルデータが動いた時間の前後30秒ずつの映像をワンクリックで振り返れるようにできる仕組みを開発しました。

例えば、レジ金集計の際に金額が合わない場合、会計時のレジが開閉しお会計している場面のみを映像で確認し、釣り銭の間違えやスタッフの不正などを効率よく発見することが可能になります。この前後30秒振り返ることができる機能は録画プラン日数に関係なく、90日間振り返ることが可能です。

1社目のPOSレジAPI機能の連携先が、ジャストプランニング社のPOSレジとなりました。

SafieWebAPI機能を活用することで、映像とデータをつなぎ、様々なソリューション構築することが可能です。

(※)自社調査参考:飲食・小売店の人手不足を支える防犯・監視カメラ利用の実態調査

左:ジャーナルデータが動いた箇所一覧画面
右:一覧画面から見たいデータをクリックすると録画された1分の動画が再生される

API連携で手軽に機能追加

今回提供するPOSレジ連携のAPI機能「Safie POSジャーナル」は、その他POSレジとの連携が容易なAPIとして開発しているため、あらゆるレジメーカーのジャーナルデータとのシステム連携を視野に入れています。

セーフィーが提供するクラウドカメラサービスは、通信でのアップデートを行うことで様々な改善や機能拡張が可能となっており、今後さらに飲食・リテール業界に役立つ付加価値を提供できるサービスの展開も予定しています。

株式会社アスラポートダイニング 経営企画室 広報部さまコメント

当社グループでは従業員の労働環境のモニタリング、防犯対策のほか、その他トラブル発生時の事実関係把握に効果を発揮することを期待しており、事実、期待通りの成果をあげております。
また今後はセーフィーを、来店されるお客様の属性を正確に把握するためのツールとして利用することで、マーケティングの強化及び効率的なプロモーション等に活用し、店舗の増収につなげていきたいと考えております。

POSレジ用APIオプション機能の価格

初期費用はセーフィーを利用できるカメラ代金+サポート設定費20,000円、月額は通常の録画プラン+2,000円です。

初期導入費用

・カメラ代(CC-2の場合):19,800円
・サポート設定費:20,000円
【合計】 39,800円

月額

・30日録画プラン:2,000円
・POSレジ用オプション費:2,000円
【合計】 4,000円
※POSレジメーカーやベンダー側での開発費は別途必要となります。

追加される機能

  • ビューアーのタイムライン上に、通常会計/売上修正/売上取消等の、特定のジャーナルデータの種別が実行された時間のフラグ表示
  • 上記種別実行時のサムネイル画像にマウスオーバーで当該ジャーナルデータをテキスト表示
  • 特定のジャーナルデータ種別(ステータス)でスクリーニング可能な一覧画面の表示
  • 特定のジャーナルデータ種別発生時のクリップ動画90日間自動保管&確認
    ※クリップ動画は、イベント発生前後30秒、計1分の映像データ
    • リテール業界の人手不足解消に映像活用

      リテール業界は飲食店に次いで人手不足が深刻な問題であり、省人化や業務改善を進めることが課題となっています。

      現場の様子をリモートで確認可能になることで、例えば、わざわざ現場に行かなくても、デジタル値札の価格変更などを店舗の様子を確認して操作・指示ができるようになったり、売り場とバックヤードの最適な人員配置をシミュレーションすることも可能になります。

      また侵入者だけでなく内部のレジ金盗難や不正の抑止力として効果を期待されるケースも多く見られます。

      映像を活用した次なる展開

      セーフィーでは、今回の飲食・リテール業界向けPOSレジ連携のAPI公開に続き、「映像」を活用して様々な業界における課題解決を行うための実証実験を各所で進めています。

      例えば、顔認証を利用した入退室管理、顧客マーケティングなど、様々なAI技術との連携も開発や実証実験が始まっています。プラットフォームならではのデータ量を活用しつつ、容易な機能アップデートが可能なクラウドならではの「賢くなる」特徴を生かし、今後も技術開発を続けてまいります。

Related Posts

  • 関連の記事はまだありません。
  • Tags

    個人宅での利用や、お急ぎの方はこちら

    WEBで購入する

    店舗・オフィスなどへの導入を
    検討の方はこちら

    お問い合わせ・お見積り