新着情報

2018.02.15
クラウド録画カメラ「セーフィー」出荷台数1万台突破 「継続率99.5%」クラウド録画プラン利用者調査

セーフィー株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 佐渡島隆平)が運営する、クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」は、カメラ出荷台数が累計1万台を突破しましたことをお知らせすると共に、クラウド録画プラン利用のユーザー継続率や、新機種プレゼントキャンペーン当選の利用ユーザー向けアンケート調査結果を発表いたします。
また、さらにサービスをより多くの方に知って頂くために「試してお手軽、30日以内返品OK!お試しキャンペーン」を本日より開始することをお知らせいたします。


■販売開始2.5年で1万台出荷・クラウド録画プラン継続率99.5%

アンケートグラフ_1_ブログ用.jpg

セーフィーは2015年7月にBtoB向け「Safie PRO」の録画プラン販売を開始し、現在は出荷台数が1万台を突破する規模になりました。 そこで、クラウド録画の有料プラン登録カメラ継続率を調査したところ、99.5%が継続してご利用頂いていることが分かりました。

 矢野経済研究所によると監視カメラ市場需要は2015年の78万台から2020年には260万台まで成長すると見込まれており、またクラウド需要に関しては2015年度の1.3%から2020年は15%ほど拡大が見込まれていることから、セーフィーでは2020年に向けて20万台の導入を目指します。


■CC-2プレゼントキャンペーン当選者対象アンケート結果

2017年7月に実施した「新機種CC-2プレゼントキャンペーン」当選者にセーフィーの「設定時間」「使いやすさ」などのアンケート調査をしたところ、下記のような結果となりました。



・カメラを接続するまでどのくらいの時間がかかりましたか?  →85.7%が「1時間以内で設置」
・セーフィーアプリの使い勝手はいかがですか? →85.7%が「使い勝手が良い」
・今後も使い続けたいか? →80%が「使い続けたい」
・録画保存期間は何日分を利用したいですか? →88.5%が「7日もしくは30日プランを選択」
・友達にオススメしたいですか?  →77.1%が「友達や知り合いにオススメしたい」
・ご利用者様の年齢と職業   →70%が「30代・40代の店舗経営者」




アンケートグラフ_2_ブログ用.jpg

■「試してお手軽、30日以内返品OK!お試しキャンペーン」概要

セーフィーのWEBサイトよりカメラご購入の方限定で、30日以内の返品に限りカメラ費用の全額を返金します。 
※WEBから購入時、クラウド録画料金は初月無料
▶︎キャンペーン詳細についてのページは こちらからご覧ください

2018.02.14
「30日以内返品OK!お試しキャンペーン」の詳細について

2月15日よりスタートした「30日以内返品OK!お試しキャンペーン」の返品方法や詳細について条件をまとめております。

キャンペーン対象期間

2018年2月15日〜
※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

キャンペーン対象者

キャンペーン対象期間にSafieオンラインストアにて、Safie対応カメラを購入されたお客様になります。
Safieオンラインストア以外での申込による購入や、Amazonなどの他のサイト、弊社の販売代理店経由での購入等はキャンペーンの対象外になります。

2018.02.14
「30日以内返品OK!お試しキャンペーン」を開催します!

blog-10k.png

30日以内返品OK!お試しキャンペーンを実施します。

セーフィー対応のカメラ新機種「CC-2」販売開始から早半年・・・ おかげさまでセーフィーのカメラ出荷台数が累計1万台を突破いたしました! ご利用ありがとうございます!

そして、なんと、弊社のサービスをご契約頂いてる方のサービス継続率が99.5%以上と、非常に嬉しい結果となりました。

また、日本経済新聞で「ネクストユニコーン100社」に選んで頂いたり、ワールドビジネスサテライトさまにも取り上げて頂くなど、少しずつですが、色んな方の目に触れる機会も増えてきてます。

日々、セーフィーをご愛顧頂いている皆さまに、この場を借りて、セーフィー社員一同厚くお礼申し上げます。

そこで、感謝の気持ちを形にすべく、1万台突破記念として、

「30日以内返品OK!お試しキャンペーン」

を実施します!

2018.02.07
民泊カンファレンスでセーフィーご紹介!CMOの小室が登壇いたしました。

IMG_0394.JPG

「リモートロック」の構造計画研究所さま、「ABCチェックイン」の民泊大学さまが主催されている民泊カンファレンスで、1月最終日にCMOの小室が登壇いたしました。

運用代行会社さま5社が一同に介してのカンファレンス、各社サービスの特徴や今年施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)・旅館業法を踏まえての運営アドバイスなど盛りだくさん!の中、ご利用者さまが来られたか映像で確認できるセーフィーカメラのご紹介をさせて頂きました。

構造計画研究所さまの立派なセミナールームにあふれんばかりの総勢100名ほどのご参加者さまが集まりました。

2018.01.31
ライナフさま発表会がワールドビジネスサテライトで放映されました!

ワールドビジネスサテライトにて、CMO小室が登壇させて頂いた「NinjaLock」のライナフさま記者発表会の様子が放映!

番組内では、ライナフさま発表の「サービスの入ってくる家」を「日本版"アマゾン・キー"」として取り上げ、仕組みと提携会社の紹介で「セーフィー」も発表会当日展示させて頂いたカメラとタブレット端末で見る映像をばっちり放映して頂きました。

ライナフ_3.jpg

この度の日本初の試み「サービスが入ってくる家」であるマンションは東京都大田区の賃貸マンション。プロジェクトの仕組みをご紹介します。

  • ①入居者が「荷物が届く」「サービスを受ける」ことをオペレーション専用コールセンターに申請
  • ②業者がマンションに到着した際にコールセンターに電話をし、サービススタッフの本人確認
  • ③コールセンターからインターネットを経由した鍵の開閉操作を遠隔で操作

ライナフ_4.jpg

サービスを利用するにあたって、入居者はスマートフォンの「NinjaLock」専用アプリから自室玄関ドアの開閉履歴を随時確認できるのと、クラウドカメラ「Safie(セーフィー)」で居室不在時の玄関部の人の出入りの動きをスマートフォンアプリからLIVEでも録画でも映像確認ができます。

ライナフ_5.jpg

この仕組みが備わるマンションは2月下旬より入居が可能になります。

不在時でも宅配や家事代行サービスが入ってきた時の様子を、ご入居さまの目となり耳となって「セーフィー」カメラが見守り、よりサービスを安心してご利用頂けるお手伝いをさせて頂けることを嬉しく思います^ ^

「標準世帯」と呼ばれていた夫婦と子供から構成させる世帯は減り、2010年以降は「単身世帯」がもっとも高い割合の世帯類型とのことで、時代と共に変わりつつある世帯類型に合わせて、サービスの受け方も変わっていく中で、クラウド録画カメラ「セーフィー」が不動産テック業界で新たな価値になれるよう、サービスの開発・向上・改善に尽力してまいります!

2018.01.30
「サービスが入ってくる家」発表会にて登壇させて頂きました!

本日、スマートロック「NinjaLock」などのIoT製品を開発されているライナフさまの発表会にて、セーフィーCMOの小室が登壇させて頂きました!

ライナフ_1.jpg

この度の発表会では、宅配や家事代行サービスを提供する5事業会社とライナフさまが提携し、東京都大田区の賃貸マンション「ジニア大森西」にて、日本初となる「サービスの入ってくる家」プロジェクトを2018年2月下旬から開始するという内容を7社集まって発表しました。

提携される企業さまは、生活共同組合パルシステム東京さま、株式会社ホワイトプラスさま、honestbee株式会社さま、株式会社タスカジさま、株式会社ベアーズさまの5社で、「NinjaLock」を活用することで、自宅不在時でも宅配や家事代行サービスを受けることを可能にする日本で初めての取り組みになります。


なぜセーフィーが登壇?!と言いますと、「ジニア大森西」では全36室にスマートロック「NinjaLock」を設置し、入居者さま不在時にも各種サービスが家の中に入ってくるということで、セキュリティ強化として全室の玄関部にクラウド録画のセーフィーカメラ「CC-2」を設置して頂くことから、提携サービスとしてプロジェクトに参加させて頂きました。

仕組み図.jpg ※「サービスが入ってくる家」プロジェクトの仕組み図

ライナフさまは、今回のプロジェクト発足の背景として、2010年以降「単身世帯」がもっとも高い割合の世帯類型になったことで、世帯構造の変化とともにインターネットから購入した品物を自宅で受け取れる宅配サービスや家事代行のサービスのニーズが高まっているが、日中の時間帯に家を空けることが多いため、サービスの利用が困難な状況にあることも事実とし、「ITを駆使」し「より柔軟にサービスが利用できる」ようなソフト面が充実した住まいへ変化すると考えたことから、今回のプロジェクトに至ったとのことです。

このような日本初の新しい取り組みに「セーフィー」ご利用を進めて頂き大変嬉しく思います^ ^

さらに詳しいリリース内容や物件内容を知りたい方は 「ライナフさまNEWSページ」へ

ライナフ_2.jpg
2018.01.23
暗闇くっきり・音声収録・防水防塵の屋外利用可能なカメラ新機種リリース
pr-0.jpg

クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を運営するセーフィー株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 佐渡島隆平)は、「Safie(セーフィー)」が新たに、夜間撮影や音声収録機能が特徴である、屋外利用可能なカメラの新機種CP-2L(株式会社エルモ社製)に対応し、発売・サービス提供を開始したことをお知らせいたします。

■「CP-2L」開発の背景
セーフィーでは、今まで多くの防犯監視カメラがクローズドな環境で使われていたものを、インターネットに接続しクラウド録画型へリプレイスしていくことで、複数人での映像の共有・スマホやPCで手軽に利用・いつでもどこからでもセキュアに映像確認など、新しい価値を開発してきました。

飲食・小売店をはじめとする屋内型の高性能でWi-Fi接続できる手軽なカメラ「CC-2」、建設・工事現場など屋外でインターネット回線の環境を整えるのが難しい場所向けに、よりコンパクトで電源のみで設置可能なLTE回線対応カメラサービス「Safie GO(セーフィーゴー)」など、様々な環境・利用用途で活躍するクラウド録画型の防犯・監視カメラサービスを提供してまいりました。 この度新たに、屋外利用でのご要望が最も多かった、「暗闇でもくっきり見える」「音声を鮮明にとれる」機能を搭載した新たなカメラ「CP-2L」に「Safie(セーフィー)」が対応し、屋内外問わず利用可能なカメラの新機種として提供致します。

「Safie(セーフィー)」シリーズが提供する「クラウド録画型」の特徴として、動体音声検知があった際、リアルタイムにその情報が届けられ、どこからでもスマホやPCを使い、リアルタイム映像から過去の映像記録の振り返り確認などをすぐに行うことができます。 これにより、屋外利用可能なカメラの新機種「CP-2L」は、賃貸・分譲住宅などの不動産物件のゴミ置場や駐車・駐輪場の管理、飲食・小売店舗などの社員通用口や物件周りの防犯・監視目的としておすすめしたいサービスとなっています。


pr-1.jpg

■「CP-2L」の主な特徴
・暗闇くっきりナイトモード
CP-2Lのナイトモードは赤外線LED点灯により、暗闇でもくっきり撮影
・マイク搭載で音声確認
カメラにマイクが搭載されているので、カメラ周辺の音声をリアルタイムでも録画映像でも視聴
・防水・防塵で屋外利用可能
IP66準拠で屋外でも安心して設置
参照:IP規格とは|防犯カメラ・監視カメラ専門用語集
・対角134°の広角レンズで広範囲をカバー
1台のカメラで広範囲をカバーし、広角でありながら歪みの少ない自然な映像を実現
参照:広角レンズとは|防犯カメラ・監視カメラ専門用語集

■仕様詳細

                                                                
  カメラ   Day&Night機能
  ナイトモード:赤外LED点灯、赤外カットフィルタオフ、白黒映像
  1/2.8型 2Mピクセル(1945×1097)  
デジタルズーム   任意の場所を最大8倍  
  レンズ   対角134° 水平111° 垂直58°  
ナイトビジョンモード   赤外LED点灯、赤外カットフィルタオフ、白黒映像  
  マイク     音声キャッチ(クラウドへの音声配信)  
  防水性能     IP66準拠  
  有線LAN     10BASE-T/100BASE-TX  
  映像出力     有線LANによるクラウドへの画像伝送  
  電源     DC5V(USB micro B) ※AC アダプタ使用時:5V/2A 推奨  
PoE給電(IEEE802.3af Class 0 準拠) 消費電力     3.25W以下  
  本体外形(W×H×D)     103×57×135mm(ケーブル横出しカバー無し)
  103×99×149mm(ケーブル横出しカバー有り)  
  重量     350g(ケーブル横出しカバー無し)
  450g(ケーブル横出しカバー有り)  
  動作温度     -25℃〜70℃ 


pr-4-1.jpg

■製品価格 60,000円(税別)/1台
※別途設置工事費とクラウド録画料金が必要です。

クラウドカメラとは?メリットやアナログ防犯カメラとの違いについて

クラウド監視・防犯カメラとは何かまとめました。

blog-ogp-cloud.png

セーフィーのクラウド防犯監視カメラや、クラウドに保存する防犯カメラが今までの製品と比較してどう違うのか、何が良いのか、お問い合わせをいただくご質問をピックアップしてまとめました。導入の際に比較・参考にしていただけますと、幸いです。

2017.12.11
カメラのパン・チルト・ズームを快適にスマホで操作 1秒以内で操作が可能な新機能「リアルタイムPTZ機能」リリース

ptz_bunner.png

クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を運営するセーフィー株式会社(本社 東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)は、スマートフォンでカメラのパン・チルト・ズームの遠隔操作にかかる時間をクラウド録画型カメラでは業界最速クラスの1秒以内に短縮することが可能になった新機能を開発しました。12月11日よりiOSアプリにて提供を開始いたします。

2017.12.11
「高スペック・コンパクト・低価格・電源のみで簡単設置」 LTE回線利用のクラウド録画型カメラ「Safie GO」提供開始

bunner-safiego.png

▶︎Safie GOページはこちら

防犯監視カメラクラウド録画型映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を運営するセーフィー株式会社(本社 東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)は、電源のみですぐ利用でき、LTE回線を使ってHD画質の映像をリアルタイムに安定して見ることができる、クラウド録画型カメラとルーターをセットにしたパッケージ製品「Safie GO」を本日より提供開始します。