新着情報

トップページに戻る
2019.05.14

クラウド録画カメラ「セーフィー」出荷台数4万台突破

飲食・小売、建設業界など映像活用の幅が拡大

クラウド録画カメラシェアNo.1※の「Safie(セーフィー)」(以下「セーフィー」)を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)は、クラウド録画カメラ「セーフィー」の出荷台数が2019年5月をもちまして、累計4万台を突破しましたことをお知らせします。


出荷とtopics_小.jpg
■出荷台数とは:セーフィーモジュールの搭載されたカメラ数を弊社システム上でカウントしたもの
※テクノ・システム・リサーチ社調べ「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より


■映像活用の需要と今後 
セーフィーは防犯・監視のみならず、コンテンツの配信やコミュニケーションツール、労力の削減としてなど、映像活用の幅を様々な現場で広げています。

特に、人手不足や技術の継承が深刻化している飲食・小売、建設業界での活用が進んでおり、現地へ足を運ぶことなく現場をチェックできることや、1日の録画映像を日報の代わりとして提出、技術者の映像を教育コンテンツとして活用するなど、現場の見える化を進めることで、生産性の向上や業務の効率化、省人化をサポートする映像活用が増加しています。

今後はさらに解析技術やAIと連携し、様々な業種のお困りごとをデータ化して、課題解決に貢献するサービスを開発していく予定です。
「映像から未来をつくる」というビジョンの元、映像を活用して人々の意思決定や課題解決のお役に立てる未来の創造を目指しています。