新着情報

トップページに戻る
現場を"見張る"のではなく、"守る"ためのカメラ、という新しい考え方

守るカメラ_OGP.jpg

こんにちわ。セーフィーのマーケティング担当小室(こむろ)です。

今回は、「現場を"見張る"のではなく、現場を"守る" カメラの使い方」について、リアルな実情をお伝えしていきます!

セーフィーは飲食店・小売店・サービス業のお客様によくご利用いただいている、防犯カメラ監視カメラです。「遠隔地からでも、綺麗な音声付きの映像を確認できる」 ことが、導入の決め手になっています!

導入の際、よくお客様に、「新しく監視カメラ・防犯カメラを設置するのですが、設置する方も、働くスタッフも、『見張ったり見張られているみたいで嫌だ』という気持ちがあります・・・。」と不安な気持ちをご相談いただきます。

でも、クリアな映像と音声を、いつでもスマホから見られるセーフィーは、「現場を見張る」という意識よりも、「現場を守る」為に活用できる、実際にされている防犯カメラ・監視カメラなのです。

小室が実際にお客様からお聞きした情報から、ご紹介していきますね!

    目次
  • 1. 監視ではなく、人手の少ない現場を守るために活用する。
  • 2. 現場を「守る」セーフィーの活用法とは?
  • 3. ワンオペ問題もこれで解決
  • 4. まとめ

1. 監視ではなく、人手の少ない現場を守るために活用する。

現在、飲食店、小売店の現場では、
・インバウンドによる外国人観光客の増加
・人手不足を背景にしたアルバイト人材の確保の難しさ
等、店舗運営に関するお悩みが増加しているそうです。

そういった背景により起きている、「現場でトラブルが起こった際に、遠隔地からでも映像で把握するため」や「人出が少ない時間帯の安心のために」セーフィーの防犯カメラ・監視カメラを設置・活用されているお客様が多くいらっしゃるのです。

守るカメラ_1.jpg

2. 現場を「守る」セーフィーの活用法とは?

セーフィーは、現場に設置したカメラの映像を、クラウドに送信。HD(ハイビジョン)画質・音声付きで録画・保存します。

そして、録画・保存された映像は、スマートフォンやパソコンでいつでも、どこでも、確認可能。

なので、その場にいなくても、「あの時、現場で何が起きたのか」をリアルに、簡単に、振り返ることができるのです。

飲食店や小売店の現場でよく起きるトラブルとして、
・泥酔したお客様が、従業員に絡むなどと言った顧客トラブル
・つり銭をもらったもらってない、お金を払った払ってないと言った金銭トラブル
・不合理なことを言ってくるクレーマーの対応
などがあります。

セーフィーのクラウド防犯カメラ・監視カメラを設置すると、
・音声付きのハイビジョン画質で映像を残せる
・その映像をスマートフォンで簡単に見られる

ということが実現できます!

特に、真価が発揮されるのが、現場に責任者がいない場合です!

現場に責任者がいる際は、トラブルが起きてもすぐに解決に向けて動くことができますが、責任者がいない場合は、お客様と従業員・アルバイトの間で、「言った言わない」と口論になり、泥沼化するケースが多い・・ようです。

しかし、セーフィーなら、トラブルが起きたら、現場の店員からすぐに責任者に連絡。

責任者は、今いる場所で、スマートフォンから現場の映像をすぐに確認します。

責任者は、現場にいなくても、映像を見ながら、現場にいるのと同じ感覚で、現場に指示を与えることができます!


3. 飲食店のワンオペ問題もセーフィーで解決!

人材不足や、コスト効率化観点から、1人でお店を回す「ワンオペ」が増えていますが、実はワンオペならではの問題もあります。

特に、従業員・アルバイトが女性ひとりの場合に起こってしまうのが、「男性のお客様とのトラブル」です。

こういったトラブルも、
音声付き・HD(ハイビジョン)画質の映像を残せるセーフィーが証拠映像となり、トラブル解決の決め手になります。

守るカメラ_2.jpg

4. まとめ

今回は、現場を守るためのセーフィー活用法をご紹介させていただきました!

工事のいらないセーフィーの防犯カメラ・監視カメラなら、1台から簡単に導入できます。

※工事の有無は設置場所と機種によります。詳しくはお気軽にお問い合わせください!

「もう少し詳しく話を聞いてみたい」
「ちょっと興味がある」
と思ったら、まずはお気軽にお問い合わせください!

経験豊富なセーフィーの専任カスタマーサポートがご連絡をお待ちしております!

「知り合いのあの人なら興味を持ちそうだな」と思ったら、blog記事の先頭にあるシェアボタンからシェアして教えてあげてくださいね!

それではまた、次回の記事で〜!