タグ一覧

株式会社safieSAFIE TIMES

セーフィー社の『今』と『未来』をお届けする、コーポレートマガジンサイトです。

セーフィープラットフォームを支えるサーバーサイドエンジニアにインタビュー!

ー大重さんは前職ではどういうことをされてましたか?

大重さん  

新卒で入った会社ではtoB向けの管理システムに、その後、車のルート案内のシステム開発に携わっていました。だんだん中堅みたいなポジションになって、似たような開発が続く環境になったので、今後もやっていくのはちょっとなーと思って、何気なく転職エージェントに登録しました。そこで紹介されたのがセーフィーと出会ったきっかけです。

 

 

入社前、セーフィーはどんなイメージでしたか?

大重さん 

選考でプログラミングテストがあるんですが技術力をきちんと見てもらえてる印象でした。あとは、地に足がついてるというか、真面目な人たちが多いのかなーと思いました。

 

 

入社してもうすぐ2年目ということですが、そのイメージは今も変わらずですか?

そうですね。セーフィーは、森本さんや下崎さんといった、トップのエンジニアの方の技術力がしっかりしていて、人としても信頼できるので、とても安心して入社できました。入社してもそれは変わってないです。

 

 

 

 

 

ー森本さんは佐渡島さん(代表)と創業されましたが、それまでのご経歴は?

森本さん  

SONYではハードウェアの開発から、テレビ系、「Google TV」などの商品開発に携わっていました。上から下までプロダクト開発には一通り携わったかなと思います。

その後GREEに入社して、サーバー側やモバイルアプリケーションの開発に携わりました。

最後は佐渡島と同じモーションポートレート株式会社に入社して、機械学習なども携わっていました。

自分は、みんなに共通して使われるプラットフォーム技術に携わりたいという想いが根底にはありまして。SONYでは出来なかったので、それを求めて色んな会社に移りました。なかなか思い描いていたものに巡り会えなかったのですが、セーフィーを作った時にこれだと思いましたね。

 

 

セーフィー創業はどういう経緯で?

森本さん 

前職で、たまたま僕と、佐渡島(代表)と下崎(共同創業者)が近くの席で、よく話してました。

ちょうど顔認識技術に携わっていたので、人の顔の属性を分類し、その人にあったメイクのやり方をレコメンド出来ないか、など技術を使った新しいサービスについて妄想していました。

いまの事業の話を佐渡島からもらったとき、当初は、ソニーグループ内でやるべきか、別で事業化するのがベストか…などと悩んでいる内に、佐渡島が当時の社長に「森本と下崎も一緒に辞めて起業する!」と言ってしまったんですね。想定外のまま(笑)その瞬間に退職日も決まりました。

 

 

創業当時の想い出は?

森本さん

創業が2014年10月で、サービスローンチが2015年5月です。開発期間は実質7ヶ月でしたね。まぁ実際は、ハードウェアの企画はもう少し前からありました。仕様を決めて、型を作ってから、パートナーのエルモ社と、ゼロから金型を起こすところまでやりました。

実質7か月間でハードウェア開発にソフトウェア開発まで、猛スピードでしたね。

後日談ですが、SONYのエンジニアに同じ話をしたら、うちで7ヶ月で開発したら表彰モノですね、みたいな話をされました(笑)

 

 

すごいスピードですね…。印象に残っている出来事はありますか?

いや、もう覚えてない…。大変だったことだけ覚えてるんですけども、なんかバタバタしすぎて、具体的な出来事を覚えてないですね。もうやらざるを得ないという感じでした。

ローンチしたすぐは、サーバーが落ちたり、そもそもカメラもWi-Fiの電波が繋がりにくかったりと、色々ありましたが、今は相当改善できたと思います。

 

 

当時と今だと、サービスも開発もフェーズが変わってきている印象ですが、今はどんなお気持ちですか?

森本さん  

やらないといけないことはまだまだたくさんあるんですけども、土日は安心して休めるとか(笑)精神的にはめちゃくちゃ楽になりましたね。

人も増えたし、プロダクトも安定したので本当、楽になりました。理想と比べるとまだまだなところはたくさんあるんですが、土日や夜中に緊急会議しなくなっただけでも…。(笑)あ、一回、高速道路を運転している時にインシデントのアラートが鳴ってものすごく焦ったことは今でも覚えています。路肩に停車して即対応しました。

 

 

 

 

 

ー大重さんは大変だった想い出はありますか?

森本さん

僕が印象に残っているのは、当時セーフィーで「WebPay」という決済サービスを利用していたんですが、LINEに買収されて、急にtoB向けの事業をやめますという事態があり、大重さんが別の決済サービスへの切り替えを2ヶ月くらい一人で対応したことがありましたよね。

その直後に、新機能のリリースが色々と控えていたこともあり、スケジュールが厳しかったと思うんですが、大重さん的にはどうだったんですか?

 

 

大重さん  

そうですね。そんなには大変じゃなかったですけど。

 

 

森本さん

結果的にエラーもほぼ起きませんでしたね。苦労した点とかなかったですか?

 

 

大重さん

そうですね。はい。特には。

 

 

森本さん  

いやまあ、でも実際結構大変ですよ。実装もそうだけど、サービスに穴をあけないように、バックエンドもアプリも含めての対応だったから。うまくやりくりしながら一気に変えてくれたんで助かりました。

 

 

 

 

ー大重さんはセーフィーに入社して、自身の技術の成長は感じられてますか?

大重さん  

見るものがやっぱり大分増えましたね。今まではインフラはインフラ、アプリはアプリといったように、レイヤーがはっきり別れてたんですが、セーフィーではサーバーというと、アプリ以外の部分を全て見ることになるので、そこは今までの経験とかなり違いますね。

 

 

森本さん

大重さんの開発したものはバグやエラーがまったく起こらない。本当すごいですね。

 

 

大重さん  

ちゃんと細部まで確認するようにはしています。当たり前のことですけど。

アクシデントの対応をしたり、ユーザーさんからのご意見をダイレクトに聞いたりと、全部見えちゃう環境なので、より一層気をつけるようになりましたね。

 

 

 

 

ーセーフィーでは、ユーザーサポートを全員でやっているとお聞きしましたが?

森本さん  

僕はそういうサポートの電話のひきがとっても良いです(笑)

電話をとって、ご意見を聞いて、自分で解決して。地道に、地に足つけて開発しています。

なかなかユーザーさんの声を聞いて開発できる環境ってないですからね。特にサーバー側は「動いて当たり前」な世界でもあるので、お客様のご意見を反映した開発を意識しています。 

 

 

 

 

ー大重さんにとって現時点での開発のゴールは何でしょうか?

大重さん  

ユーザー数が増えていった時に、放っておいても安心できるような状態に、まずは持っていきたいですね。例えばこのまま増えていくとすると、データベースの再設計が必要になります。目標ベースで見ると、出荷台数は来年5万台で、その次20万台とかなんで、やっぱ100万台に耐えられるものにしないといけないですね。

 

 

森本さん

基本的にはカメラの台数を増やすというところと、画像解析といった技術とのサービス連携やセンサー連携など機能の強化もしていきたいですね。

 

自分もやりながら痛感したんですけど、やっぱりプラットフォームだけ存在しても意味はなくて、お客様の課題を明確に解決できる影響力ある実例を創りながらやっていかないといけないと思っています。今はそういうフェーズですね。

 

夢は色々と描いていて、直近ではPOS連携とセンサー連携の開発に取り組んでいます。

解析や、それプラス顔認証技術が良いのかはわからないですけども、データに付加価値をつけていきたいです。

 

あとはコミュニケーション。個人的に欲しいのはドアフォンなんです。うちのマンションには、荷物の預かりスペースがあるんですど、常にいっぱいなんですよ。で、だいたい宅配業者は荷物を預けずに帰っちゃう。

インターホンが鳴ったら遠隔でも映像で確認・応答できて、モノによっては「じゃあそこ置いといてください」みたいな対応もできちゃうと思うんですよね。

 

もう一つ言うと、鍵かな。この前も、子供が鍵を持たずに遊びに行っちゃってなかなか帰ってこなかったんです。いつ帰るかわからないから、みんな外出せず家で待っていた。ドアフォンにカメラがついていて、子供だったら認識して鍵を自動で開けてくれる。

そういった普段の生活がより便利になる開発もセーフィーのプラットフォームで実現していきたいですね。

 

 

 

 

ー最後に、どんな人と働きたいですか?

森本さん  

僕は技術にこだわりがある人というよりは、サービスやビジネス含めてどうするのが良いかといういうこだわりがある人がいいなと思っています。技術ばっかりではなく、バランス重視で開発できる方ですね。

またまだ小さい会社で、自分たちで開発して、運用して、と両方やっていますので、逆にその全部を見られるところに魅力を持って頂ける方が合っていると思います。

 

 

大重さん  

自分が「何をしたいか」ではなく、「今何をすべきか」という判断がちゃんとできる人がいいですね。システムが安定することや、サービスがスケールしていくことに達成感をおいてくれる人が合ってるかなーと思ってますね。

 

 

なるほど。コーディングテストではどんなところを見ているんですか?

森本さん  

どのようにシステムを設計するかという点と、何に興味があるか、何に情熱を感じるかを見るようにはしていますね。

コードの細かいあれこれよりも、設計する際に、俯瞰して見た上で気をつけるべきポイントみたいなものが網羅的にわかる人が、このフェーズにはまだ必要ですね。

逆にコードは基本的なことが書ければ、そんなに問題じゃないかなと思ってます。自分自身もたいして得意じゃないと思ってますし。

 

 

 

ーありがとうございました!

セーフィープラットフォームを支えるサーバーサイドエンジニアにインタビュー!

採用情報safie

safieでは、随時以下職種の採用を行っております。