cf_img_main_blog

クラウド録画カメラ「セーフィー」、新型コロナ対策パッケージを無料提供開始

広報/PR:鈴木 章子
プレスリリース

2020/03/31

病院での感染拡大防止対策やテレワーク対応へクラウド録画映像活用で法人支援

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)の「Safie(セーフィー)」を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平、以下「セーフィー」)は、遠隔から移動せずとも現場状況がリアルタイムおよび録画映像で手軽に確認できるクラウドカメラのサービスを提供しています。

新型コロナウイルスによる脅威が拡大する昨今、最前線の医療現場における感染リスク拡大防止対策としてクラウドカメラの活用が広がっています。録画映像を通した入院患者のバイタルチェックや、医療関係者の感染リスク拡大防止などに弊社のクラウドカメラサービスを活用頂くケースが出てきております。

セーフィーでは、現在の社会情勢を踏まえた社会貢献活動の一環として、新型コロナウイルス対策にクラウドカメラをご活用頂きたいと考えており、「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージ」を最大2ヶ月間無料で提供することをお知らせいたします。

病院だけでなく、新型コロナウイルス対策として外出の自粛、テレワーク対応で現場の様子を知りたいが知ることができない法人様にご活用頂けるよう、屋内用・屋外用2種類のレンタルカメラパッケージを計500台分用意しました。電源のみ確保できればLTE通信環境もセットで提供するため、工事など不要で面倒な設定もなくかんたんにご利用開始頂けます。

■提供の背景と医療機関での利用事例

この度の新型コロナウイルスに関連した国内の状況は、不要不急の外出自粛の呼びかけがされるなど、ロックダウンの可能性も現実味を帯びてきています。そこで、移動せずに遠隔から現場の状況確認やコミュニケーションを図ることができるクラウド録画カメラを活用することで感染拡大リスクの減少になると考えました。

・医療機関で現在ご利用頂いている事例

新型コロナウイルスに感染した入院患者のバイタルチェックを1時間に数回行う必要があることから、医療従事者への感染リスクや手間を省くため、1ベッドにつきクラウド録画カメラを2台設置し、患者の状態とバイタルサインのチェックを遠隔確認を行うという活用方法で、クラウド録画映像をお役立て頂いていると伺っております。

今回のパッケージは、医療機関のみならずテレワーク対策が必要な法人全般、サポートセンター、空港、物流など多業種でのご活用を想定しております。

■「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージ」概要

▼名称
・屋内用:「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージA」
・屋外用:「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージB」

▼内容
・クラウド録画カメラ(1台)
・LTEルータ (1台)
・30日間録画プラン
・LTE 通信料

▼無料提供内容と継続利用について
・2020年5月利用分までの全費用無料
・2020年6月以降に継続利用する際の料金

「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージA」:月額15,000円(税別)
「クラウド録画カメラレンタル特別支援パッケージB」:月額25,000円(税別)

▼対象
・2020年4月20日までにお申し込み頂いた法人さま
・法人のみ(個人は不可)

▼受付開始
・2020年3月31日14:00〜

※1法人、2セットまで
※上記期間内であってもパッケージ限定数(500台)に達し次第、提供終了となります

▼詳細ページURL

https://safie.link/blog/1972

 

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より

categories
tags
more newsニュース一覧へ
メンバーの声voice
メンバー紹介member

Safieでは一緒に未来を創る仲間を募集しています。

採用情報recruit